ニュース&ブログNEWS & blog

2011年02月07日 (月) 15:52

新燃岳噴火に思う[スタッフ日記]

MSN産経ニュース
雨はじき土石流生む噴灰8千万トン…たわむ屋根に住民憔悴


以前、「雪国の苦悩」と題して日記を書いた。雪かきは大変だ、という内容で。

冒頭のリンク先は、霧島連山・新燃岳の噴火に伴う、火山灰の被害に住民が苦悩しているという記事。

テレビでも、「雪かき」ならぬ「火山灰かき(?)」に汗を流すお年寄りの姿が流れた。

雪は容赦なく降り積もるものの、陽気が続けば勝手に溶ける。
あるびょん駐車場も、ここ3日ほどは雪が増えてはいない、おかげ様で。

しかし、火山灰は溶けない。
雪と違い、吸い込むと呼吸器系に多大なダメージを与えるとあって、防塵マスク、防塵アイガードの着用が必要。
髪の毛や服に付着した灰も、洗い落とすのに一苦労と想像される。
しかも、雨が降れば灰が流されてラッキー、というのは素人の考えで、火山灰によって地面にしみ込まない水が、土石流を誘発するという。

次々と降り続く火山灰を、80歳を越えるおばあさんがせっせと片付ける様子をテレビで見て、雪よりも厄介だなぁ、と思い知らされた。

他人事とは思えない。

住民の方の踏ん張りに心から敬意を表したい。

(スタッフ安田)

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


Blog Calendar

RSS 2.0