ニュース&ブログNEWS & blog

2011年02月14日 (月) 19:43

落とした財布、みつかる[スタッフ日記]

私的なことで恐縮ですが。

2月12日に財布を紛失しました。
朝から財布を出してなかったため、夜に気がついて、すぐにつがる警察署に届け出ました。

その日に限って徒歩でダイモトさん、高重商店さんに行ったなぁ。
駐車場の雪かきをした時に、もしかしたら流雪溝にポチャンと落ちたのかも。
職員駐車場(桂食堂さん)で乗り降りの際に落ちたのだろうか。
もしかしたら朝家を出る時から、持ち出してないのかも。

あらゆる可能性を考え、当日の動線をたどり、
寄った所に足を運んで「財布が落ちなかったですよね」とお騒がせ。
結局どこにも落し物としては届いていませんでした。

お金はいいから、免許証、保険証、カード、そしてお気に入りの財布は戻ってきてほしい。
誰か親切な人が拾って届けてくれないだろうか。
そんな週末を過ごしました。

週明けを待って、免許証の再交付、金融機関でカードの停止を済ませました。

午後につがる警察署から
「届け出ていた財布がみつかりました」
との連絡があり、すぐに駆けつけました。

財布の状態はキレイなまま、カードなどの大切なものもそのまま。
ただ、現金だけはすっかり抜かれていました。
(札入れではない所には、実はターバン野口が隠れていたんですが、
拾った人はそこまで気がつかなかったようです。1000円損したね。)

とにかく財布だけでもキレイなまま戻って来たので、よしとしよう。うん、よし。ヨカッタヨカッタ。
と思いつつ、いざ戻ってくると、お金ももったいなかったなぁ、と思うのはご愛嬌として。

財布が見つかった場所は、全く寄っていない、郊外の大型スーパーだったそうです。
私の不注意が全ての始まりなのはわかっていますが、
拾った財布からお金だけ抜く、というのもエグい話ですよね。

心当たりのある人は、少しは良心を咎めてほしいものです。←チクチク

で、

今回のことで思ったこと。

誰でも落し物をすることはあるでしょう。
一般的に価値がなくても、本人にとっては大事な落し物、というのもあるはずです。

あるびょん店内でも、よく落し物、忘れ物があります。
持ち主が訪ねて来ることを期待して、一定期間保管していますが、
「どこで落としたか」「どこに忘れたか」は、本人は気付かないものです。

そんな時に、「探しています」や「拾いました」の情報が集まる場所があればいいなぁ。
む。むむむ。あるびょんがあるじゃないか。
あるびょんがそういう場所になれればいいじゃないか。

あるびょんには大型掲示板があります。

例えばそこに、探し物コーナーがあって、
失くした人は、藁をも縋る思いで「もしかしたらあるびょんに行けば何かわかるかも」と来てくれる。
拾った人は、警察に届けるまでもないけど、といったものの情報をあるびょんの掲示板に貼る。

さらに、
「譲ります」「譲ってください」などの情報が集まる場があれば、
喜んでくれる人がいるのではなかろうか。

という妄想を抱いたスタッフ安田です。
私ごとで失礼しました。

実現に向けて企画を練ってみます。

P.S.
桂食堂さん、ダイモトさん、高重商店さん、つがる警察署さん、あるびょんスタッフのみなさん、大変お騒がせしました。
ありがとうございました。
m(_ _)m

(スタッフ安田)

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


Blog Calendar

RSS 2.0